CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
<< 地名は大事に(1) | main | 地名は大事に(2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ペデから入るクレオ駐輪場
毎週一言(8)           05年3月20日
     ペデから入るクレオ駐輪場
駅前キュートの開店日とこれに続く休日には、クレオスクエアと呼ばれた一帯は大賑わい、つくば市発展の一断面としてまことに喜ばしいことではありますが、交通手段について重要な問題も見受けられました。このうち、自転車駐輪について指摘します。
駅前周辺の2階部分を構成するペデストリアンは、北は筑波大学から南は赤塚公園に至るまで公園通りとして歩行者及び自転車の専用道路及び広場になっています。幹線道路とは立体交差なので歩行者も自転車も安心して通行することが出来るようになっています。駅近辺では、中央図書館、エキスポセンター、カピオ、国際会議場などの出入口に面し、ノバホール、クレオ商店街などには2階部分から出入りできます。
環境問題、とくに地球温暖化防止への寄与、そして交通安全の見地からも、このような完全立体交差は、現代にふさわしいものであり、自家用車利用から公共交通、歩行・自転車利用への転換を促すために、ますますペデ利用の利便性を向上させなければなりません。
ところが、従来から公営駐輪場は1階部分にしかなく、しかもペデ道路とは階段でしが接続していなかったため、長い間その非が責められていました。これに応える改善もなく、ペデ道路が自由駐輪場になっていたのは理由のあることです。
キュート開店を契機として、つくば市条例による自由駐輪が禁止されました。それと引き替えにペデ道路と同じ平面に十分な容量のある駐輪場が設けられるべきです。たしかにキュート脇に駐輪場ができたのですが休日の日中は200台を超える自転車で満杯、整理員が下の1階へと追いこんでいました。1階でもジャスコ前の駐輪場は2階から追われた自転車も加わって300台以上の自転車があふれかえり、止めることができずに茫然とする子供たちもいました。
環境政策を別としても、利用度対コストを考えてみるならば、土地利用も含めて、億単位の駐車場建設費用と予想される経営赤字と比較して、駐輪場建設がいかに安上がりかは自明でしょう。駐車場経営については、いずれ情報公開による説明責任が問われます。
駐輪場の容量不足は計画責任でもありますが、条例提案に先立って利用者の声を聞いているのでしょうか。必要なことは駐輪禁止ではなく、言葉どおり、日をまたぐような放置禁止です。
そして直ちに可能な改善手段は、2階部分のペデ内に秩序ある自由駐輪場を復活することです。
| つくば市長への手紙 | 02:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:52 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://critty.jugem.jp/trackback/15
トラックバック